2020年10月02日

白鳥十郎★

山形県は河北町谷地、
かつての群雄割拠の戦国時代活躍の
地元谷地城主「白鳥十郎長久」、悲運の武将。
以前NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」の中にも登場したらしい。
その城主を店名にした蕎麦屋「白鳥十郎そば本舗
手軽に「谷地名物」を味わえる店、休日のランチ会場です。


「冷たい肉蕎麦」 これは説明不要ですね♪(笑)
地元の他店と比べると蕎麦のコシは強い方。
全体的な味のバランスはすこぶる良い♪


そして「餅」、親父大好きな納豆餅3個セット。
実はここ谷地には独特の「餅文化」があります。
溝延地区に伝わる「餅飲み」
盛岡名物「わんこそば」ならぬ「わんこもち」!
驚愕の高齢パフォーマンス集団
「溝延一升宝餅保存会」のレポートは次回と言う事で(笑)


山形県民お約束「ゲソ天」
そして親父のお約束「蕎麦焼酎」お湯割り。

最上川運輸の「紅花」で栄えた「河北町谷地」
「肉蕎麦」だけじゃない、美味しいスイーツや麹料理の店等々、
国内でも有数な食文化拠点の地らしい。

今「谷地」は旬ですぞ ♪(笑)
  


Posted by 楽天親父 at 21:02Comments(0)蕎麦